スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緊張を解消する方法とは?

テレビを観ていたら「緊張」についてのメカニズムをやっていました。




そもそも人はなぜ?緊張をするのか?




その1番の原因は防衛本能の現れだそうです。





今回のソチオリンピック選手のインタビューの中でも


「緊張して足が震えた」

「緊張して自分の思うような演技ができなかった」など、
誰しもが「緊張」と言う言葉を口にしていました。
それは国を代表してのプレッシャーと責任感、メダルを取りたい!願望などさまざまな思いからのようです。





人は緊張をすると脳内で「ノルアドレナリン」が過剰に分泌される為、そこから恐怖や不安といった心情に陥り、

動悸、赤面、震え、手汗、頭が真っ白といった症状が起こります。






では、どのようにしたらうまく緊張をコントロールする事ができるのか?




それは「これをすれば大丈夫!」と言う「ルーティーンワーク」を作る事。




そうする事により集中力、直感力を大いに発揮できるようです。




世界で活躍している人を例に挙げるとするなら、野球のイチロー選手。
メジャーに移籍後は、毎朝同じ時間に起きて、同じ物を食べ、同じ時間に球場入りをする。


そしてもっとスゴいのが、同じバットを使い、打席に入る時は同じ決めのポーズをする(ユニフォームの袖をつまむ)


長年メジャーで活躍しているのもここまで徹底して行っているからこそ!ここぞと言う時にヒットを打てるのではないかと思いました。




ピアノの演奏でも緊張は付き物です。
自分なりの「ルーティーンワーク」をひとつでも決めて、毎回行えば少しは緊張も和らぐのではないかと思います。



私は演奏時に決めているルーティーンは特にないと思っていましたが、よくよく考えてみると演奏の際は必ずハンカチを持って舞台にあがっているな〜と忘れていたかのように思い出しました。


もしかしたら、それが私にとってのルーティーンになっているのでは、ないかと思います。




また、緊張を解消する方法。。。それは「呼吸法」



イスに座り4秒かけて息を吸って6秒かけて息を吐く。

ポイントはへそから5〜6センチ下の部分に集中する事。


これにより、気を整え、血流も良くなり緊張が緩和されるそうです。



メカニズムが分かった今、これからうまく緊張と付き合っていきたいですね。
スポンサーサイト

プロフィール

CHICOピアノ教室

Author:CHICOピアノ教室
 担当: 高原 智恵美
宮代町の「CHICOピアノ教室」です。

「あなたの生活に楽しい音楽の時間を
~Music life is happiness」


一人一人の個性を生かし、レベルにあったレッスン
を提供致します。

楽しい! 充実!! 次回のレッスンが楽しみ♪ という声が多数。

いい音色を響かせ、良い耳を作るピアノ教室です。


東武スカイツリーライン 「東武動物公園」 西口 徒歩10分

ピンクの看板が目印!

TEL:0480-32-2268
ご連絡は「カテゴリ」に表示されている[お問い合わせ]フォームからお願い致します。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

QRコード

QR

検索フォーム

カテゴリ

リンク

フリーエリア

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。